もみ処らく屋 入野店長

フュービック女子に聞く!
- 廣砂店長編 -

もみ処らく屋

スタッフへ質問

なんでこの仕事をしようと思ったんですか?

スタッフインタビュー

小学校で総合の授業の時に職業について考える時間がありました。その時に読んだ本にマッサージ師が書いてあって『これだったらできるかも』と思ったのがキッカケでした。元々学ぶことや勉強することが好きだったので、高校では知識がつけられるような授業を選択したりしてました。また、家の近所 にコリフレッシュがあったのもキッカケでした。高校卒業後は進学するよりも早くセラピストになりたいと思っ たんです。17歳の頃アルバイトをしている時に『足疲れたな~。あ!受けに行こう!』と思い立ち、初めてリラクゼーション(フットミムピー)を受けたのがコリフレッシュ高幡不動店でした。とっても気持ちよかったです。担当してくれたスタッフさんは技術や知識について質問攻めした私に親切に色々教えてくださって…絶対ここで働こうと決めました。

スタッフへ質問

店舗に配属される前に新人研修があるそうですね。 どうでしたか?

スタッフインタビュー

技術や接客の研修を主に行っていたのですが、当時私は18歳の小娘、研修が終わったらすぐ帰るのが当たり前で気付いたら周りの同期たちはどんどん上手くなっていってて…研修後に自主練習してる人と自分とのギャップを感じました。でも負けず嫌いなので朝早く行って練習して、上手くなると楽しくなり、どんどん没頭していきました。

スタッフへ質問

そうだったんですね。現場に出てからはどうでしたか?

スタッフインタビュー

実は現場デビューしてからも『疲れた』『眠い』など、自分では無意識でしたが、みんなの士気を下げるような言葉をよく発してたようです…でも、周りのスタッフさんたち、店長が色んなタイミングで厳しく時には優しく、大事なことを教えてくださいました。今振り返るとありがたい環境で成長させてもらえたなと思います。技術面では、お客様から指名して頂いて1日予約が取れない状態になっていきました。そんな時、次のステップ《店長》に興味を持ち始めました。《自分にもできるかも?》と思い店長プレゼンに立候補しました。

スタッフへ質問

店長になる前にそんなエピソードがあったんですね。実際店長になってみていかがですか?

スタッフインタビュー

一番始めに感じたのは《気持ちだけではできない》ということ。今までは想いさえ強ければ何でもできる、一人でもどうにかなる…そんな考えでした。でも実際は思った通りにいかないことばかり。周りの手助けがあったからこそ思い描いてたビジョンに向かうということ、目標達成ができるということを実感しました。そして《チームで成す》ここを考えるようになりました。

スタッフへ質問

現在は店長と研修トレーナーを兼任されていますが、いかがですか??

スタッフインタビュー

研修トレーナーはやりたかったことの1つなので楽しいです!うまくいかな いことももちろんありますが、《自分の可能性を広げたい。できると信じてる!》 この考えはアルバイトの時から今も変わりません。そして店長の時も研修トレーナーの時も《相手が喜んだ時》ここにやりがいを感じます。相手が目標達成をした時、それまでのエピソードを知ってるからこそ嬉しいんです。ここに立ち合えるのが店長や研修トレーナーの魅力の1つなんじゃないかな。

スタッフへ質問

最後に、セラピストを目指す方にメッセージを!

スタッフインタビュー

好きな仕事がもっと好きになると思います。楽しいって思うことがもっと深みを増して楽しくなると思います。働く自分がすごく好きになっていきます。一緒に仕事の人生歩んでいきましょう!

VIEW MORE

トップへ戻る

応募フォーム